家電なんでも情報局ロゴ アイディーシーウェブサイト ロゴ
HOME週間天気会社情報お問い合わせ
エアコンの風除け風向調整器アシスト・ルーバー特集へ
WEBサービスメニュー
家電まめ知識家電のトラブル|家電の取付方法|暮らしの情報
HOME > WEBサービスエリアTOP > 家電の取付方法:【図解】洗濯機の取り付け方
ウェブサービスエリア ショッピングエリア 家電サービスエリア 会社情報エリア
洗濯機の取付方法
家電の取付方法タブ テレビの配線方法タブ 洗濯機の取付方法タブ BS・CS取付方法タブ
ページ内リンク:
 A図:洗濯機の位置、真下排水施工例
洗濯機取付 位置
【設置スペースなど】

 まず、ご自宅の洗濯機設置スペースをご確認ください。多くの場合”は”又は”い”(A図参照)の位置に排水口が施工されていると思います。 この場合、寸法さえ合えば問題なく設置することが可能です。(水栓の位置によって洗濯機のふた開閉が出来なくなる場合がありますので、ご注意ください。)”へ”に関しては、洗濯機の高さにより、水栓を避けるために洗濯機本体を前に出す必要がある場合真下排水になる可能性があります。洗濯機の大きさが、設置スペースに対して大き過ぎる場合は上記は例外となります。また、”と”付近に排水口がある場合は、真下排水となりますので次の項を参考にしてください。


【真下排水について】

 近頃の全自動洗濯機は、ほとんどの場合真下排水禁止になっております。しかしながら場所によっては、どうしても真下排水せざるを得ない事もあるでしょう。その時は、別売り部品の真下排水ホース(1500円程度)を利用して洗濯機を設置する前に排水口に真下排水ホースを入れ、その上に洗濯機を設置する方法をとらなければなりません。というのも、近頃の洗濯機は洗濯槽が大き目に作られているため水が入ったときに重みで槽が下がり排水ホースを傷つけ洪水になってしまうことがある為です。別売り真下排水ホースは洗濯機の下に潜り込む部分が平らで、丈夫な作りになっています。トラップがある場合や、サイフォン式の排水口には使用できません。それ以外の方法としては、洗濯機の下にブロックやレンガ等を敷き、嵩上げする方法があります。この場合は位置が高くなりますので、背の低い方には使いづらくなる可能性がありますからご注意ください。


【水栓の確認】

B図を参考にご自宅の水栓をご確認ください。B図-図2・3以外は別途給水継ぎ手が必要になります。また、図4〜6の水栓は取り付けは可能ですが、肉薄な為傷つきやすく、水栓から水漏れする可能性があります。B図-図3のような蛇口に取り替えられることをお薦めします。
B図-図3(全自動洗濯機用給水栓ジョイント)は、家電@売り場でも取り扱っております。

 B図:蛇口
洗濯機取付 蛇口
 C図:給水継ぎ手(アタッチメント)の取り付け方
洗濯機取付 給水継ぎ手
 

【給水継ぎ手の取り付け】

 前述のように、B図-図2・図3以外の水栓を使用する場合には、別途給水継ぎ手を水栓に取り付ける必要があります。C図を参考にして取り付けてみてください。新品の洗濯機を購入された場合は本体に付属してます。まず、給水継ぎ手のネジ4本をどの方向からも均等になるように手で締め付け、ドライバーで軽く増し締めします。この時、強く締めすぎるとB図-図4〜6のような水栓では肉薄な為、水栓に穴が開いてしまうことがあります。次にC図-図4、白色又は茶色の部品を反時計回りに回し、パッキンを水栓本体に密着するよう押し上げます。 給水ホースはC図-図5のように、引っ張っても外れないよう確実に取り付けてください。 ホースの洗濯機側も、パッキンが外れていないことを確認し、時計回りに締め付けてください。(締めすぎると機器の破損、水漏れの原因となりますのでご注意ください。また、締め付けたときに”ギュッギュ”と音が鳴る場合は、水漏れする可能性がありますので水や油などをつけて締めなおしてください。


【排水ホースの取り付け】

排水ホースの取り付けは、洗濯機側・排水口側にホースを差し込むだけです。洗濯機側に後からホースを取り付けるものは金属製のバンドを忘れずにとめて下さい。また、排水口側もA図右下の図のようなL字型の部品が付いている物は、金属製やプラスチック製ののバンドを取り付ける必要があります。無い場合はホームセンターなどで購入して、確実に取り付けてください。


【アースの取付】

 お使いのコンセントにアース端子がある場合は、洗濯機から出たアース線をアース端子に確実に取り付けてください。アース端子が無い場合は、別途アース工事をし、確実にアースをとって下さい。また、ごくまれに水道管やガス管に巻きつけている方がいらっしゃいますが、途中が塩ビ管になっていると効果がありません。ガス管などは、爆発などの恐れがありますので、絶対に避けてください。


【総検査】
チェック項目
症状
対処法
給水チェック・水栓 水栓からの水漏れ 水漏れ発生部位のナットを増し締め、或いはパッキンを交換してください。水栓に穴が開いている場合は蛇口の交換が必要です。
給水チェック・給水継ぎ手 給水継ぎ手からの水漏れ 給水継ぎ手本体を増し締め、パッキンが水栓に密着しているか確認してください。
給水チェック・給水ホース 給水ホースからの水漏れ 水栓側からの水漏れはワンタッチで取り付けられる水栓などでホース接続部の長さが短いと水漏れをすることがあります。水栓又はホースを交換してください。洗濯機側からの水漏れは、接続部を締めなおしてください。その際、一度水栓のコックを締め洗濯機のスタートボタンを押して、ホース内の水圧を下げてから作業される事をお薦めします
排水チェック・排水ホース 排水ホースからの水漏れ
排水エラー
排水ホースが洗濯機のホース出口から15cm以上高くなると、排水エラーになる場合があります。ホースの破れ、勾配などを確認してください。
排水チェック・排水口 排水口からの水漏れ 排水口がサイフォン式やトラップのある物ですと真下排水ホースなどの取付は出来ません。また、ホース接続部、排水口の詰まりなどを確認してください。
本体の水平 手で触れると本体がガタつく
脱水エラーなど
洗濯機本体に高さ調節脚が付いている物は回して調整できます。それでもうまくいかない場合はゴムの板を敷くなどの対策を施してください。洗濯機によっては水平器付きのものもありますので、空気の泡が中央に来るように調節して下さい。
このページのトップへ

コピーライト