あなたのお部屋に必要なエアコンの能力を診断(マンション・集合住宅編)

エアコン能力診断タイトル

>>戸建て住宅編へ

冷暖房負荷計算について

冷暖房負荷とは、その環境の冷房・暖房の効きにくさを表しています。
たとえば4kw程度の冷房負荷が出た場合、4kwの能力を持つエアコンがその部屋の負荷に耐えるものになります。
条件を元に負荷を計算し、お部屋に合うエアコンの能力をチェックします。ご検討の材料にご利用ください。

→エアコンを取り付ける部屋の条件を選択し、「負荷チェック」をクリックしてください。
→診断結果の欄に冷房負荷、適合するエアコンの容量、暖房負荷、適合するエアコンの容量が表示されます。

※このプログラムは、鉄筋コンクリート造の集合住宅向けです。
※選べるオプションが異なりますので、戸建て住宅編とも比較しながらご検討ください。

お部屋の条件を入力して冷暖房負荷を計算

質問 回答
Q1.エアコン取付予定の部屋の面積は何畳程度ですか?
Q2.断熱について(高・中・低)
Q3.中間階(1階を含む)ですか、最上階ですか?
Q4.ベランダの有無と窓のサイズについて
Q5.窓の方角はおもにどちら向きですか?
Q6.最後にお住まいの地域はどちらですか?
お近くの都市名よりお選びください。
Q7.予冷・予熱時間について
すばやく冷暖房したい場合は時間を減らします。(基準は1時間)

矢印

診断結果

あなたのお部屋の冷房負荷は、約 kwです。
目安となるエアコンの能力は、 です。
あなたのお部屋の暖房負荷は、約 kwです。
目安となるエアコンの能力は、冷房における です。(※)

※冷房と暖房の両方を使う場合は、高い方のクラスを参考にしてください。
※暖房の「冷房における○○kwクラス」は、あるエアコンの暖房能力を基準として表示しています。
※暖房能力はエアコンによって異なりますので、暖房負荷を参考にカタログの暖房能力をご覧ください。
※冷房負荷7.2kw、暖房8.1kw以上は「業務用レベル」と表示いたしますので、負荷の値を参考にしてください。

エアコンドックをご利用いただきありがとうございました。

このページへのリンクについて: どしどしリンクしてください。