アシスト・ルーバー

エアコンの困りごと・風除け対策について

エアコンの風が引き起こす様々な問題

冷房時の様子

冷房は、吸い込んだ室温より9℃以上低い風が出ていれば正常範囲といわれています。

そのため、エアコンの風が直撃する場所は、周囲と比べて極端に寒くなります。

さらにエアコンの風は上下に広がるため風速が下がりやすく、エアコンから離れた場所や仕切られた場所では効きが悪くなってしまいます。

エアコンの冷房が直撃する様子

効きが悪い場所に合わせて設定温度を下げると、直撃する場所はさらに寒くなり、電気のムダも多くなります。

暖房時の様子

暖房は、吸い込んだ室温より14℃以上高い風が出ていれば正常範囲といわれています。

冷房と同様、エアコンの風が直撃する場所は、周囲と比べて極端に暑くなります。

冬の場合は、不快な温風で気分が悪くなるほか、乾燥しすぎることも問題になります。

エアコンの暖房が直撃する様子

人だけでなく精密機器類も冷房・暖房による極端な温度変化や乾燥が苦手です。

エアコンの風を防ぐため風除けの遮蔽板を後付けすると…

風除けのために遮蔽板をつけると風が全方位に拡散され、エアコンの風が当たっていた人は風除け効果で快適になるものの、エアコンの効率が低下するため周りの場所は不快になる恐れがあります。

エアコン風除け用の遮蔽板を設置(横からの図)

逆流分は赤い矢印部分だけを循環し、部屋に送る風量が減少、また空調済みの風がエアコンに吸い込まれると、異常停止や動作不良で空調能力が低下し、エアコンに負担がかかります。

エアコン風除け用の遮蔽板(煙試験横から)実際の風の流れ(横から)

エアコン風除け用の遮蔽板を設置(下からの図)

エアコンが吹き出した風が遮蔽板で方向性を失い、部屋に向かう風量が減少。各方位の風は弱いため空調能力をエアコン付近で消費、効きが悪くなって温度を下げるなどのムダが発生してしまいます。

エアコン風除け用の遮蔽板(煙試験下から)実際の風の流れ(下から)

空調業者様からご相談では、風除け対策でエアコン内部の電装部品が結露したという実例もあり、注意が必要です。

このページのTOPへ

アシスト・ルーバーの効果

風除けだけじゃない、アシスト・ルーバーは整流機能をプラス

アシスト・ルーバーは、エアコンの風を天井沿いに凝縮して風の直撃を防ぎ、且つ空調のエネルギーを部屋全体で均一に消費する整流機能を装備。(登録実用新案)

風の直撃を防ぐ効果

アシストルーバーの風除け効果(横からの図)

本体背部に装備した逆流反射板で、逆に向かう風を前に向けることで、不具合の元となるエアコンの吸込みを防止します。

アシストルーバー(煙試験横から)
実際の風の流れ(横から)

+風を届ける効果

アシストルーバーの整流効果(下からの図)

逆流反射板と直角に垂直整流板を装備、無秩序に広がる風に向きを与えてエアコン周辺での拡散を防ぎ、部屋全体に風を送り出します。

アシストルーバー(煙試験下から)実際の風の流れ(下から)

カギは逆流反射板と垂直整流板&風を考えた様々な機構

アシスト・ルーバーは、風の流れをより良くするため、様々な機構を装備。
AL-02Wからは、風の出発点に空気剥がしリブを追加し、風除け効果をUPしました。
新型のAL-03Wでは、ステー取り付け部分を改良し、さらにスムーズな気流になりました。

アシスト・ルーバーのメカニズム

このページのTOPへ

風除け効果・整流機能の実験

風除け効果と風を送り出す効果を風速テストで検証

アシスト・ルーバーはエアコンの風向きがどこを向いていても常に風除けができます。
この効果を証明するため、最も変化の差が小さい上向き気流と比較しました。

エアコンのみの状態

アシスト・ルーバー取り付け前の風速データ

テストでは風向きを最も上に向けていますが、エアコンの風は上下に広がるため、下へ向かう風が人や物への直撃風となります。また、風速の低下が早く、遠くへ行き渡りにくくなります。

アシスト・ルーバーON

アシスト・ルーバー取り付け後の風速データ

エアコンの下向きと比較すれば、さらに大きな差になりますが、一番差の小さい上向きとの比較でも天井付近の平均風速は約2.5倍、下方向の風速は5分の1以下でほぼ無風状態を計測しました。

この違いを動画でチェック

ムービープレイメージ

動画が見られない方はこちらをお試しください。

逆流防止効果を風速テストで検証

エアコンの風向き=上向き

逆流風速テストの図1(横からの図)

逆流風速テストグラフ1

エアコンの風向きが上向きの場合は、比較的逆流しにくくなりますが、整流機能がない場合は全体の2割程度逆流が生じていました。アシスト・ルーバーは逆流を大幅に抑制していることが分かりました。

エアコンの風向き=下向き

逆流風速テストの図2

逆流風速テストグラフ2

下向きの場合は逆流が生じやすくなり、整流機能がない場合は全体の4割程度の逆流を計測しました。この場合もアシスト・ルーバーは大幅に抑制、さらに別売の逆流反射強化空力パーツ併用では、0.16m/sを計測しました。

このページのTOPへ

アシスト・ルーバーのその他の特徴

エアコンの風圧や振動に負けず、摩耗しないスライドロック機構

アシスト・ルーバーは、超強力な風向き固定方式を採用、業務用エアコンの強風圧や振動でもステーが下がって風除け機能を失うことがありません。(登録実用新案)

強固なロック機構 写真

ルーバー側の軸は簡単に風向き変更OK

ステー強度テスト 写真

取り外しや風向き変更時はロックを解除

二重パネル方式で強力結露防止+高耐久&衛生的

冷房時はルーバー本体が冷やされることで結露を生じます。アシスト・ルーバーは2重パネル方式による空気層で断熱し、本体の冷却を抑制。結露を強力に防止します。(登録実用新案)

結露防止の二重パネル方式

パネル式だから高耐久、お掃除も可能

結露防止テスト 写真

空調設備用断熱材を超える断熱効果

1つのルーバーでマルチ気流もできる

アシスト・ルーバーは26cmの羽根を2枚(カスタム80は3枚)組み合わせて1つのルーバーを構成していますので、用途に合わせて風の吹き分けが可能です。席替えなどで風除けしたい場所が変わっても、複雑な配置でも細かく風向きを調整することができます。

アシスト・ルーバーでダブルフロー

アシスト・ルーバーでダブルフロー

アシスト・ルーバー/カスタム80でマルチフロー

カスタム80でマルチフロー

このページのTOPへ

取付可能機種・取付方法

これ一つで様々なエアコンに対応

アシスト・ルーバーは、これ一つで様々なタイプのエアコンに対応します。
吹出し口の長さに合わせて「標準タイプ(幅52cm)」と「カスタム80(幅78cm)」からお選びください。

これ一つで様々なエアコンに対応

画像の壁掛形にはカスタム80を装着していますが、カスタム80を天井埋込形に取り付けることも、通常タイプを壁掛形に取り付けることも可能です。

取付可能なエアコン

取付可能機種一例

の位置に、固定ベース設置寸法分の平らな面があれば、メーカー・新旧問わず取付可能です。
ライン型など吹出し口のみのタイプもOK。

アシスト・ルーバーを取付可能なエアコン

カスタム80をおすすめするエアコン

壁掛形や天井埋込型4方向ワイド型など、吹出し口の長さが60〜80cm程度のエアコンにはカスタム80がおすすめです。さらに吹出し口が長い場合は、複数個並べて取り付けます。

アシスト・ルーバー/カスタム80をおすすめするエアコン

アシスト・ルーバー寸法図

標準タイプの寸法図

アシスト・ルーバー寸法図

カスタム80の寸法図

アシスト・ルーバー/カスタム80寸法図

アシスト・ルーバーの取付方法

天井埋込型の例(ライン型も同様)

ムービープレイメージ

動画が見られない方はこちらをお試しください。

壁掛型の例(天吊型も同様)

ムービープレイメージ

動画が見られない方はこちらをお試しください。

カスタム80の取付方法

取付例は壁掛形ですが、その他のタイプの場合も固定ベース取付方法の参考にしてください。

ムービープレイメージ

動画が見られない方はこちらをお試しください。

このページのTOPへ

製品情報・仕様

ラインアップ

アシスト・ルーバーは、26cmの羽根を2個組み合わせて1つのルーバーを構成していますが、3個組み合わせたカスタム80が登場、アシスト・ルーバーの高機能で80cmの吹出し口もフルカバー!

アシスト・ルーバー 写真

アシスト・ルーバー/カスタム80 写真

通常モデルを2つ並べて104cm、通常モデルとカスタム仕様で130cmなど吹出し口の長さに合わせて様々なバリエーションをご選択ください。

仕様

アシスト・ルーバー

アシスト・ルーバー

写真は4個取り付けた様子

AL-03W(オフホワイト)
本体:幅520mm×縦130mm
固定ベース(テープ部):縦2.8cm・横9.5cm
可動範囲:ベース側180°・本体側110°
前後位置:2cm間隔・3段階
日本製
本体・ステー・取付ベース:ABS
結露防止パネル:PP
本体×1組・ステー×2・固定ベース×2
ベース貼付用台紙(固定ベースに装着済み)×1
ステー補強用ボルトセット×2組
セーフティコード(落下防止)×2・取扱説明書

アシスト・ルーバー/カスタム80

アシスト・ルーバー/カスタム80

AL-03C80W(オフホワイト)
本体:幅780mm×縦130mm
固定ベース(テープ部):縦2.8cm・横9.5cm
可動範囲:ベース側180°・本体側110°
前後位置:2cm間隔・3段階
日本製
本体・ステー・取付ベース:ABS
結露防止パネル:PP
本体×1組・ステー×3・固定ベース×3
ベース貼付用台紙(固定ベースに装着済み)×1
ステー補強用ボルトセット×3組
セーフティコード(落下防止)×2・取扱説明書

ご購入案内

インターネット・FAX・お電話にてお買い求めいただけます。
ご購入数量に応じて特別割引がございます。

uriba.jpご購入ページへ

お問い合わせ・ご購入案内

製品・ご購入方法・ご購入後のサポートなど

フリーアクセス0120-841258

全国(携帯・PHSからもかけられます)
受付:平日午前9時〜午後6時30分

IPフォンなどフリーアクセスをご利用いただけない回線からは、
052-601-1258(通話料お客様負担)までお問い合わせください。

Eメール : customer@uriba.jp

このページのTOPへ